有酸素と無酸素運動を組み合わせて減量

あなたは、有酸素と無酸素運動を組み合わせることで減量できることをご存知でしょうか。私は現在、在宅勤務をしており、なかなか外出できない分を普段からの運動に頼っています。
運動はどんなことをしてもいい。と思っていましたが、運動には有酸素運動と無酸素運動の二種類があり、どちらかだけでも効果が半減してしまうことを知りました。
有酸素運動とは、ジョギングやエアロビクスやダンス等の酸素を多く取り入れる運動のことです。

効果あり?スラリオを購入して3ヶ月飲んだ私の口コミを暴露します!

体を動かしながら酸素を多く取り入れることにより、発汗を伴います。
無酸素運動は、筋肉を鍛えることができます。有酸素運動だけでは多く酸素を取り入れるため、必要以上に続けてしまうと、酸欠状態の症状になります。

一方無酸素運動だけだと、それほど減量効果を得ることができず、筋肉を鍛えるだけの運動になるため、筋肉はつくもののそれほどの減量という効果が得られないです。
テレビの情報番組では、「腹筋を鍛えるだけでは、シックスパックができても大きな減量にはつながらない。」と紹介していました。
このことを聞いた私は、有酸素運動と無酸素運動の両方を取り入れて、減量に取り組んでいます。

有酸素運動として、なかなか外出できないため、洗濯機につかまって足踏みを1日500回を目安に最低3セットを行っています。
無酸素運動は、腹筋の鍛える箇所は、上腹部を60回と下腹部を30回、ヒップアップ運動を60回1日2セット以上行うようにしています。

たまに外出することがあるので、早朝にかけて行うことがあります。
この二つの運動を取り入れてから、まだ体重は計測していないものの、夏に履いていた運動用の半ズボンが少しゆるやかになりました。
まだ、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせは途上でありますが、今後の体重の計測や衣類の様子を見ながら、運動量を増やすかそのままで行くかと考えているところです。

有酸素運動と無酸素運動に共通することですが、運動後はしっかり水分補給をすることが大切です。
水分補給を怠ると、脱水状態になり、生命の危険があるので注意してください。スポーツドリンクを水と合わせて飲むと、大きな効果が得られます。
有酸素運動と無酸素運動を合わせて継続することが、減量への第一歩です。
「減量は、継続こそが命」ということを大切にして、二つの運動を取り入れて減量に取り組みましょう