ダイエットに適した時間帯と運動 

健康志向の世の中において、ダイエットに対する関心は高まる一方です。 食事療法や有酸素運動など、取り組み方もさまざまです。 とは言え、悩ましいのは、効果的な時間帯がいつなのか、具体的にどのような方法で運動すればよいのかなど、疑問が多過ぎることです。 ダイエットに適した時間帯と運動を紹介します。

スララインを辛口評価!私の口コミと使用した効果をご紹介!

起床直後の激しい運動は、体に負担がかかってしまうため、ある程度動いた朝食と昼食の間の時間帯がお勧めです。

私たちの体にある自律神経のうち、交感神経は活動している日中に、副交感神経はリラックスしている就寝中に活発に働き、朝は、働きが入れ替わる時間帯です。

交感神経の働きは運動することによって活発になります。 そのため、午前中に運動するとスムーズに働くようになり、1日中高まったままの状態を維持できます。

交感神経の働きが高まると、体温や血圧をうまく調節できるうえ、ダイエットに重要な基礎代謝の上昇に繋がります。

起床直後は、自律神経の働きがゆっくり入れ替わる時間帯のため、しっかり準備運動を行ったうえ運動することが大切です。

午前中や帰宅後の運動が難しい方がいるかもしれません。 そんな方には体を動かす時間帯として適している、エネルギー代謝が活発な日中もお勧めです。 昼休みをうまく活用して体を動かしましょう。

交感神経の働きがより高まる昼の時間帯は、ダイエットの運動に適しているため、毎日続けて運動すると、短時間でもより良い結果に繋がりやすいです。

外出しやすい昼休みに、近隣のコンビニエンスストアや公園まで歩き、昼食を買ったり、散歩したり、軽い運動をすると眠気も覚めるうえ、体に刺激を与えられます。 時間が許せば、少し遠方まで足を伸ばすと、運動不足の解消にも繋がります。

起床直後のほか、ダイエットの運動に適していない時間帯があります。

食べ物の消化吸収のため、血流が胃腸に集中する食後30分以内に運動すると、筋肉により多く血流を送る必要があり、消化不良を起こしやすいです。

血糖値が低下している激しい空腹時は、運動するとめまいや不整脈に繋がります。

臓器に大量の血液が必要な満腹時に運動すると、心臓に負担がかかります。

就寝前に激しい運動をすると、交感神経が興奮してしまい、寝つきが悪くなります。

短時間でも毎日運動を続け、質を上げながらダイエット効果を実感しましょう。