スキンケア」カテゴリーアーカイブ

鼻の角栓ブツブツのいちご鼻

化粧をするようになった高校生頃から鼻の毛穴が黒くなり、ブツブツざらざらが気になり始めました。当時は「鼻の黒ずみ除去パック」のようなものがCMでもよくやっていたので、定期的にパックをするように心がけていました。その時は、一時的に角質がポロっと取れスッキリした気分に。でも気付いたらいつの間にかすぐに元通り。

評判以上!モイスポイントを購入して3ヶ月使用した効果と口コミ!

それから何回かパックを繰り返しました。

が、気のせいか毛穴が段々と広がってきたように感じました。気のせいではなく、毛穴が広がっています。。大人になってからは、コンシーラーなどを使い化粧で何とか誤魔化して過ごしてきましたが、やっぱりスッピンになると気になる黒いブツブツ。どうしても気になり、目についてしまう時は、鼻の頭を自分の手でつまんで中から角質をニョロニョロと搾り取るように。

これが意外とクセになってしまい、気が付くと無意識に自分の手で鼻をつまんで角質を取るようになってしまいました。同じことを繰り返してきた結果、現在36歳ですが今は残念ながらしっかりと毛穴が開ききってしまった状態です。今後この肌とどう向き合って対処をしていくべきなのかを悩んでいます。

毛穴を引き締め黒いブツブツを完全に取り除き、つるつるの鼻にすることはできるのでしょうか。一度開ききってしまった毛穴は元に戻すことができないのでしょうか。日々悩んでいます。

日焼けの怖さ、知ってまっか?

日焼け対策に余念のない女子は多いでしょう。

これからはますます紫外線対策が必要な季節になりますね。

http://eltrendelllano.com/

数ヶ月前、海外旅行で調子に乗って日焼けしたら、エラいめに遭いました!

言う私の体験談をお話させてもらいます。

先日、久々にまとまった休みの取れた私は、調子に乗ってインドネシアのバリ島へ遊びに行ったんです。

バリ言うたら、島国です、ビーチもあります、常夏、赤道直下です。

紫外線の量も日本の比ではないんでしょう。

実際、紫外線量を図ったわけではないですから、詳しいことは知りませんが

バカンスですっかり気を良くした私は、日焼け止めすら塗らずに3泊4日のバリ島を満喫したんです。

で、帰ってきてからがエラい大変なことでした。

「紫外線による肌のターンオーバーの乱れ」ちゅう言葉を聞いたことありますか?

それです、それ。

ざっくり言うと、肌の角質がきちんと除去出来ずにゴワゴワした感じになります。

ほんでもって、保湿しても肌に潤いが戻らず、変な皮脂だけ出てきます。

そして最悪やったのが、吹き出物です。

大人の吹き出物の原因は、ほぼ間違いなく乾燥です!

「私の肌はオイリーです」と思っている人も、ほとんど間違いなく乾燥です。

というよりも、表面的には皮脂が出てるにも関わらず、肌は正常なバランスを失ってて

ちょっとした刺激で吹き出物が出来てしまうんです。

こぉなったら最悪ですわ。

もぉ、吹き出物が治まるまでひたすら保湿に努めてください。

それがお肌の状態を元に戻す近道ですし、それしかありません、断言します!

吹き出物を治す薬もあれこれ試しましたが、結果は焼け石に水。

試さないより試したほうが気分的にマシ、程度です。

吹き出物が何度もぶり返して辛くても、ここはグッと我慢です。

保湿しかありまへん。

そして、次は必ず紫外線対策を怠らないと誓いましょ。

初めて落ちないウォータープルーフのアイブローを見つけました

私は眉毛が薄いです。毛の量が少ないし薄いのでスッピンだとさみしく見えます。だからスッピンでコンビニエンスストアに行くこともできません。
メイクをしていなくても眉毛は色を足して(パウダータイプのアイブローで描きます)なじませてから外に行きます。
お風呂上がりのスッピンでコンビニエンスストアに行くことになり眉毛を描いていると、母に「誰も見ていないから気にすることはないのに」といわれました。普通に眉毛のある人には私の行動は理解できないのでしょうね。

メリフバームクレンズ

素肌に眉毛を描くときに必ずパウダーファンデーションのスポンジを(ファンデ-ションがついているスポンジ)眉毛の上につけています。それから眉毛を描かないと(パウダーアイブローで色を足すだけでも)濃くなりすぎて、うまく描けないので不自然な眉に仕上がってしまいます。気をつけなければいけないのはスッピンだということを意識して眉毛をソフトに自然に描くことです。

普段のメイクにも眉毛を描くことが大変で時間がかかります。夕方には眉毛がにじみ、眉尻が消えていることもありました。ウォータープルーフの眉ペンシルを使ったことがありますが効果がなくてあきらめていました。

気になるウォータープルーフのアイブローを見つけました。細い筆で、ノック式のアイブローで色は薄い茶色の1色です。筆のアイブローは初めて使いました。いつものアイブローで眉毛を描き、その上からウォータープルーフのアイブローを使います。細い筆なので書きやすいし色が薄いので濃くなりません。だけど夕方になっても眉毛は落ちていません。眉毛が消えずにきれいに残っているなんて初めての経験です。本当に落ちにくいので3本目を使っていますが手放せないです。

自分の人生の証、歴史のーほうれい線ー

30代中盤。30歳に突入した頃はまださほど、ほうれい線は気にならなかった。

が!が!!30代中盤、日中だんだん疲れてくると顔が老けてみえてくる~。。。

なんでだろう。と鏡をみつめ、答えはすぐに見つかった。

旦那から、「ほうれい線目立つね」とノックアウトの言葉。

自分が気にしていなくても、たまにふざけて口の脇に指をあて「目立ってるよ」って言ってくる。

そんな旦那はほうれい線が目立たない。同世代なのに!

女性の方が目立つものなのか…。

ほうれい線、目だってくると一気に気持ちも老けてしまう。

そこから「ほうれい線」についてネット検索の嵐。

改善できることはすぐにでも実行あるのみ。

・美容液をお金をかけるようにした

・PAOの購入で入浴時にトレーニング

この2点ただいま実践中。

美容液についての効果は、はっきりわからず、ただの気休めって若干感じている。

PAOは使い始めてから効果というか、なんだか逆効果なことが一つ。

使い方が悪いのかもしれないけれど、首と肩がとても凝るようになってしまった。

たぶん、口周りというか、無駄に首を振ってしまっていて、いつも使わない筋肉を使っていて、ただ痛めてしまってる気がする。

きっと変な動きをしてるんだと思う。

我ながら、なんか笑ってしまう。

有名な女優さんが言っていたけど、「しわはかくさない。ありのままで」

すごくいい言葉。

ほうれい線は、自分の生きてきた証、歴史。

そう思えばほうれい線も悪いものじゃないよね。

前向きに付き合っていこう!

でも美容液とPAOは一応続けるね!

上顎を意識した話し方でほうれい線を予防しよう!

以前からずっと気になってたことがあります。

それは話し方の癖。

鏡の前で話してみると…下の歯がよく見える…。

そして若干ではありますがへの字口っぽい口の形…。

あまり綺麗な口の開け方じゃないなぁと思いつつ、どうしたらいいのかも分からず放置していました。

でもでもでも。

昨日、娘に本の読み聞かせをしていて気づいたんです。

「下顎じゃなくて上顎を意識して動かしながら話せばいいんじゃない?!」

そうすると、笑顔っぽい形になりなんだか?の筋肉が刺激されてる…。

そのあと色々調べてみました。

下の歯を見せる(下顎を使って話す)ような話し方をしている場合、年を取るとほうれい線の目立つブルドッグ顔になるのだとか!

逆に上の歯を見せる(上顎を意識して動かす)ような話し方をすれば常に笑顔に近い状態になって、?の筋肉が鍛えられほうれい線の目立ちにくい顔になるらしいのです。

同時に年を取ると平坦な顔になってゆくらしいんですけどそれも防げるとのこと。

これはもうやるしかないですよね(笑)

だから私は昨日から意識して上顎で話すようにしてます。

まー?の筋肉が疲れる疲れる(笑)

でも常に笑顔の状態な感じだし、気持ちもハッピーになれるしすごくいい!

よかったら是非試してみて下さいね♪

ほうれい線が加齢とともに増えるメカニズム

加齢とともに増え、あるだけで老け顔に見えてしまう原因の一つであるほうれい線。そのメカニズムについて知ることで、ほうれい線が増えることを防ぐことができるかもしれません。

ほうれい線ができる原因は、大きく分類すると3つに分かれます。

まず1つ目は真皮コラーゲンの劣化と減少。これは普段の生活で浴び続ける紫外線と皮膚の乾燥によって引き起こされています。紫外線を浴び続けることで真皮コラーゲンは劣化し、皮膚の乾燥によって肌の弾力やハリが失われ減少していきます。普段からのUVケアと感想対策が必須になります。

2つ目は、表情筋の委縮によるものです。これは表情筋のうち口輪筋といわれる口角周りの筋肉が長年同じような表情で過ごすことでこり固まったり衰えたりすることからその影響が皮膚にも現れ引き起こされています。

そして3つ目は、脂肪組織の構造の劣化によるものです。これはいわゆるダイエットによる部分が大きく関係していますが、大きく太ったり痩せたりを繰り返すことで皮膚組織が変化しシワやたるみが現れることによって引き起こされます。

またその他にも、最近多くみられるスマホやパソコン画面を長時間見ていることによるうつむき加減の姿勢も口角周りの皮膚を下げることにつながりますので原因となっています。

これらの原因を意識し日ごろからのUVケアや口輪筋を意識して動かすことでほうれい線が増えることを防ぎ若々しくいたいものです。

年齢とともにたるむ肌、そして目立つほうれい線

20代後半になってから、顔が老けてきたな…と鏡を見て感じるようになってきました。

特に顔が老けて見える原因は、ずばり『ほうれい線』だなと私は思います。

若いころの写真と今の顔を見比べてみても、ほうれい線が目立ってきたように感じます。

やはり年齢とともに肌がたるみ、ほうれい線が目立つようになってきているのでしょうか?若いころの肌は、もう少し張りがあったように思います。

このたるみ、ほうれい線を解決するには、顔の筋肉を鍛えて肌を持ち上げるのが良いのでは?と思い、顔のエクササイズなどをやり始めたのですが、ついついサボってしまいます。

顔のエクササイズをやりだして気づいたのが、意外と日常で顔の筋肉を動かしていないんだな、ということでした。ちょっとやっただけで、顔が痛くなるほど結構辛いんです。

私は現在専業主婦をやっていますが、日中一人で過ごすことが多いので、それも顔の筋肉を動かさない要因になっているのでしょうね。無表情の時間がとても長いと思います。意識的に顔の筋肉を動かして、鍛えていかないとなと思います。

ほうれい線ってなかなかメイクでも誤魔化しずらいものだと思います。

時の流れは止めることができませんが、なんとか見た目の年齢は若いままでキープしていきたいです。